開院四年半にしてホームページを作っていただきました。

作成はエヌエー・システムズさん。

ご担当の赤塚さんはいつも素晴らしい笑顔でパソコン音痴の院長に優しく丁寧に使い方を教えてくれました。
赤塚さんありがとうございます。この場を借りて感謝、感謝。

そしてもう一人。総合プロデューサーとして参加していただいた我らが芦村由美姐さん!
文才のない院長のつたない話をきれいにまとめていただきました。ちなみに現行の診察券も由美姐さんの力作です。
いつもお世話になっています!今後ともよろしくお願いいたします!

さて初めてのブログ何をかいていこうかと思いましたが、整骨院のこと、身体のこと、巻き爪のこと、日常生活でできるストレッチ・運動、食生活、研修の話、たまには最近食べに行ったおいしいお店や楽しかったことなどいろいろなことを書いていこうと思います。

院長はこう見えて元整骨院専門学校の先生(院長紹介で書いてますが。。。)
なのでできるだけ皆さんにわかりやすく簡単に知っていただけたらな~と思います。

第一回目の今回は整骨院ってどんな時に行ったらいいの?そもそも整骨院て何?というお話。

まず、整骨院と整体院の違いからお話しします。

皆さんの中では一緒だと思われている方も多いのでは?
実際、院長も同級生などに久しぶりに会ったら「整体院してるんだって?」といわれることも多々あります。
なかには整骨院という名前は知っているんですが。。。
「整骨院って健康保険が使えてマッサージしてくれるところなんでしょ。今度もんでね!」なんておっしゃる方もちらほら。
(保険適用の話についてはまた今度)

いえいえ違うんですよ。整骨院と整体院は違うものなんです。

・整骨院とは柔道整復師という国家資格者が医学的根拠をもとに、怪我をしたところに対して施術するところ。
・整体院とは民間資格者が専門知識をもとに、身体の不調に対して施術するところ

ざっくり言えばこんな感じです。
ここで間違えてほしくないのが「整体院だから技術が乏しい」なんてことはありません。
確かに無資格者の方もいますし、技術が乏しい方もいらっしゃいますが素晴らしい治療家の方もたくさんいらっしゃいます。
実際、院長もセミナー等で技術を勉強しに何度も通わせていただいた先生もいらっしゃいます。

ただし、我々柔道整復師は(現在は)三年間の専門学校(大学だと四年)に通い解剖学、生理学、運動学、外科学、整形外科学、柔道など基礎から様々な勉強をして国家資格を取っているという自負もあります。

さてそんな整骨院はどんな時に行くのでしょうか?
簡単に言うと怪我をした時です。
骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷に対して(骨折と脱臼は医師の同意が必要)関節やその周囲の筋肉、靭帯の損傷に施術して早期回復を目指します。

小難しい言い方ですね。。。簡単に言うなんて言っときながら言えてない。
「(骨が)おれた(かも?)」、「(関節が)はずれた(かも?)」、「(身体を)うった」、「(身体・関節を)ひねった」、「(筋肉が)いたい」時にはとりあえず整骨院に行ってみてください。
きっと力になってくれると思いますよ。
(まともな整骨院なら自分の院の範囲外である時は「お医者さんに行ってください」といいます。)

また今では整骨院も独自の様々な施術方法などがありますのでそれも参考にしながら行くといいでしょう。

ちなみに当院では福岡でも珍しい巻き爪の対応をしていますので巻き爪でお困りの方はご相談ください(自費診療)

相談無料です。
お気軽にご相談ください。
真剣にお答えします!

最初なんで気合い入れて書きましたがまとまってない。
いいんです!!!

書きながらこれからうまくなっていくんです!!

なるはず!

なるかな?

たぶん。。。

だといいな。。。

いつもこんなに長文ではないかもですし、頻繁に更新できないかもですがちょこちょこ書いていきますのでお付き合いください。

ホームページ作成記念でかなもり整骨院でも何かしようと思ってますのでご期待ください!

では、お付き合いありがとうございました。